薪薪DAY
たっくさんいただいた薪。そろそろやらないとね〜。道内各地から雪の便りも多くなってきたので、片付けちゃいましょう。今日中に終わらせたかったけど、無理でした。切るのは切ったから、あとは割って積むだけ。なんとかあと1日でやっつけたいなぁ。それにしても薪があり過ぎて困るってことはなく、とっても贅沢なことだなとつくづく思うわけで。声をかけて下さるみなさまには本当に感謝しております。

| ガイドの日々 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0)
久しぶりに

今日は、東川町を拠点に大雪山をメインにガイドしている「ガイドオフィス風」の鳥羽Gが遊びに来てくれたので、スタッフみんなで川へ。

最近歩きに行ってばかりだったので、川は久しぶりでしたが、すっかり葉が落ちて初冬の雰囲気でGOODでした。

鳥羽Gは百姓のような人で、もちろんガイドがメインなのだけれど、顔が広くフットワーク軽くどこでもなんでもこなしてしまう人なのです。いろんなことをよく知っているし、経験しているので面白い!

大雪方面へ行かれる方はぜひ。

 

これで午前10時な感じ。

 

こけもクリーム色に。

 

無事到着。

 

ここが冬の新しい試みの舞台。

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

| ガイドの日々 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0)
北根室ランチウェイ、再び

僕らガイドにとっては、自分たちが「外」に出られる貴重な季節です。

カヌーの上で、最近よくお話を聞くようになった「北根室ランチウェイ」。

「歩いてきましたよ〜」って、みなさんとても楽しかったようです。

随分前に一度セクションハイクしてから、久しぶりに先日歩いてみたら、

とっても気持ち良かったので、またまた行ってまいりました。

 

今回は第2ステージと区分される、開陽台〜佐伯牧場までの9.9辧

歩き始めた途端にどんより空が青空に。

道東には広大な空と雄大な自然と情熱と愛に満ち溢れた道があります!

ぜひ。

 

北根室ランチウェイ

 

立派な地図が設置されています。しっかりとしたトレイルであるという安心感を感じます。

 

随所に現れる川。これを渡るのが第2、3ステージの面白いところでしょう。ちょっとこの橋大丈夫?みたいな感じがちょうどよいのです(笑)。
 

クマに自分を知らせる鐘。出会わないのが大事です。

 

向こうからも歩いてくる人がいると思ったら、タンチョウのつがい。人間並みにデカいです。

 

なんか作り方が憎いねぇ。かっこいい!

 

両脇に置いてある農機具がまた素敵。これぞランチウェイ。

 

人が一人通過できるマンパス。これまたカッコいいのです。

 

 

こんな景色の中、全長71.4劼瞭擦続いています。すごいことですよね。

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

 

| ガイドの日々 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0)
新しい試み

この冬。

SOMOKUYAは新しい試みを行います。

そのアドバイスをいただきに、旭川まで行ってきました。

おかげさまで、いいアイデアが浮かびました。

ありがとうございました!

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 13:17 | comments(5) | trackbacks(0)
北根室ランチウェイ

スタッフが一人増えた今年。

経営者としての責任を感じつつも、人を育てるって何だろうと自問した夏。

忙しいシーズンが無事終わって、こうしてフィールドに出かけることができる喜び。

人を育てるって、自分が育つことなんだなということが少しわかったような気がした秋。

人が成長していく姿って、いいですね。

そんなことを考えながら歩いたロングトレイル。

 

いい道でした。

いつかスルーハイク。

 

北根室ランチウェイ

 

何度もあった架け橋。折れないか?という微かな不安がよぎるのが楽しい。

 

今回は第3ステージ+第4ステージの半分くらいをセクションハイク。牧場内を歩けるのが面白い。
 

道づくりの大変さを思いながら、感謝しながら歩く道。
 

お気に入りの一枚。目まぐるしく変わる天気の中、急にみぞれが降りだした。パタゴニアのカタログに出てきそう?

 

自分が渡り切ったら、落ちろ、折れろなど不純な気持ちが湧いてくるのは僕だけだろうか?
 

数日前に解放されたモアン山。14劼曚品發い討てこの登りは堪えたが、絶景が待っていた。
 

いい眺め!風速12m/sの北風と霰と虹と地平線。
 

アウトドアで飲むコーヒーは、ワイルドに〜。
 

とっても歩きやすく、気持ちが行き届いた気持ちの良いトレイル。標識のデザインなど歩いていてこの上なくハイセンスであり、気持ち良い。

 

 

みなさんも、ぜひ!

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

 

 

| ガイドの日々 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0)
来年の準備

おかげさまで、2017のカヌーツアーも落ち着きました。

ご参加いただいた皆様、関わってくださった皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

 

朝は遅く、夜は早く。

そんな太陽さんのリズムに合わせるように、我々SOMOKUYAもゆっくりやってます。

でも、確実に迫りくる冬を前に、やるべきことはしっかりやっていますよ。

 

まずは、大量にいただいた薪づくり。

車で片道一時間の道のりを移動し、原木を車が乗るサイズ、かつ運べるサイズにチェーンソーでカットし、

載せ、また一時間かけて戻り、下ろし、切って割って運んで積んで乾かすという作業をしています。

それなりに手間はかかりますが、薪がたくさん積んであるというのはうれしいもんです。

 

傍らでジュンキは車庫に単管を組んでカヌーラックを作ってくれています。

いつもブルーシートで応急処置的な越冬をさせてしまっていたので、スッキリ収まったカヌーたちに、やっといい状態で冬を越させてあげられるなと嬉しい気持ちになっています。

 

そうそう、ジュンキがシーカヤックを引っ張り出してひっくりかえしたら、こんなに大きくなったスズメバチの巣があってびっくり。

さすがにもう使われてはいませんが、椅子に居座っていたようです…。

 

お後がよろしいようで。

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

 

 

| ガイドの日々 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0)
山は冬

今日はガイドで藻琴山へ。

樹氷がついて、積雪もあって、すっかり冬の装いでした。

山の空気はいつもいいですね。

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0)
ペケレ山

小春日和な本日。

仕事もひと段落し、時間が作りやすい今日この頃。

いや、やるべきこと、やらなければいけないことは山積なんです。

山積なんですが、その山を崩すより先に、山に登らなければ!(笑)

 

ということで今回は弟子屈町にありますペケレ(辺計礼)山へ。

実は、恥ずかしながら初めて登りました。

もう19年もここに住んでおります…。

 

トドマツ帯、カラマツ帯、クマザサ帯と登っていきますと、およそ1時間半で山頂に。

雄阿寒・雌阿寒、摩周岳、藻琴山といい景色が広がっていました。

風もなくって気持ちよく、3人で珈琲セットを持ってこなかったことをひどく悔やんで下山しました。

下りは1時間弱。

 

また行きます。

珈琲セット持って。

 

 

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com

 

| ガイドの日々 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0)
ゴミ拾いと報告会

毎年恒例の釧路川源流清掃活動の日でした。

総勢11名のガイドが集まって、カヌーに乗ってゴミを拾っていきます。

さすが会長はドライスーツ着用で、気合の違いを見せつけられました(笑)。

 

さて、肝心のゴミは…、今年は少め。

ビニール袋、空ペットボトル、発泡系のゴミ以外の、誰かが故意に捨てたであろう家電製品や衣類などが少なかったので、良かったです。

普段からこまめに拾っていたり、こういう活動が実を結んできたのかもしれませんね。

 

そして夜は、楽しみにしていた佐々木大輔さんによるデナリ報告会。

南富良野のどんころ野外学校まで行って聞いてきました。

NHKスペシャルで放送されたテレビ放送の内容だけでは到底知るはずのない彼らの苦労や喜び、楽しみ、山での過ごし方、「2回死んだ」の意味・・・、いろいろな裏話が聞けて良かったです。

なにより冒険家たちの素顔が見れたのがよかったなぁ。

 

ルアーとラインは多いです。
 

まずは黄色いビニール袋。

 

続いて肥料袋。

 

 

 

6艇11名。
 

今までで一番少なかったかも。
 

みんなで川を下るというのはいいことです。

 

佐々木大輔さん、新井場さん、狩野さん。

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0)
テストの後は

リフレッシュ!

山から川へと1日アウトドアで過ごしました。

 

日の出とともに歩き始めました。

 

ホシガラスがたくさんいました。ハイマツのみを食べ散らかしています。

 

屈斜路湖の上には、雲海が広がっていました。いい朝です。

 

1時間30分後登頂。すぐにガスがかかって見えなくなりました。

 

少し降りて朝ごはん。山で食べる朝ごはんは格別です。

 

下山後は川下り。

 

こんな感じで2艇で下ります。今日は初めてみどり橋から美留和橋区間をソロで下りました。

 

ひとつづつ、できることが増えていきます。

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com
| ガイドの日々 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0)
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT