いい町わが町弟子屈町

前々からすごいところだなとは思ってましたけどね。

改めて見方、やり方を変えると再発見するときがあるんですよね。

 

ということで今回は我が町再発見の旅。

冬の弟子屈町でこんなことが実現したらたくさんのアウトドアアクティビティ好き観光客、地元の人、近郊の人に喜んでもらえるんじゃないか編。

 

ワールドクラスの自然を誇る「阿寒摩周国立公園」で冬のアクティビティーを考えてみました。

元々やってみたかったことではありましたが、仕事の忙しさ(ありがたいことです!!)にかまけてやってこなかったことをついに実現させたという感じです。

 

HPで時刻表を調べ自宅を出発。

列車に揺られ、摩周駅まで。車窓から見える樹氷とエゾシカ。

観光案内所の親切なおばさん。

エコバス乗って気さくな運転手さんとの楽しい会話。

美しい摩周湖と雄大な屈斜路カルデラを左右に眺めて歩く贅沢なロケーション。

上手にコースカットされた二本のレール(これはまだイメージ段階)を手入れが行き届いたスキーで気持ちよく下る爽快感。

遠くに見える真っ白なオホーツク海。カーブを曲がるたびに存在感をアピールしてくる硫黄山と藻琴山。

静寂。

心地よい疲労感。

スキーをベンチ代わりに座っていただく珈琲とおやつ。

野生動物の足跡と、樹種豊富な森。

きれいに伸びるスキーのライン。

ザックにスキーを装着し歩く舗装道路。

腹ペコを満たしてくれる美味しいご飯。

 

パーフェクト!

列車やバスを利用したクロカントリップ。素晴らしかったです。

 

JR川湯温泉発。摩周駅まで。
 

釧網線とクロカン
 

ヨーロッパみたいなイメージ
 

運転手さんとの会話もいい時間でした。
 

まずは観光客目線で。

 

左手には雄大な屈斜路カルデラ
 

右手には素晴らしい摩周湖が
 

下りは森の中を
 

雪のないところはザックにつけて移動。

 

 

再びクロカンでスタートの駅に戻ります。
 

熊はしゃけ、人はクロカン。
この写真は必須ですね。

お昼過ぎについたらランチ、夕方ならケーキ。美味しい食べ物が待ってます。

 

 

さて、このコースを実際に動かそうとした場合、ひとつ大きな課題があります。

 

これがこのコースの肝なのですが、第三展望台から川湯に降りてくる区間のコース整備です。

この緩やかな斜面をラッセルしながら降りてくるのでは気が重いです。

スノーモービルでコースカッター―を引き、常にいい状態のコースを維持できるかどうかは重要です。

下りの軽快さが天と地ほど違います。

この点をもし解決できるなら、弟子屈町を代表する冬のアクティビティが作れるかもしれないなと思いました。

 

もちろん、コース地図、ステキな案内看板、用具のレンタル、保管場所、道具の整備メンテナンス乾燥、安全対策、エコバスの利用料金などまだまだ課題はありますが、そんなに大きなことではありません。

コースカッターを利用したコース整備。

何とか実現したいことです。

 

道路標識、ガードレールなんかもなかったら最高なんですけどね〜。

 

 

 

 

| ガイドの日々 | 23:14 | comments(0) | -
天国か?

ガイド3人。

クロスカントリースキーで摩周湖へ。

これからの弟子屈町の冬の観光を考える、重要な視察(笑)

と称して、半分本気、半分楽しみに行ってきました。

 

まぁ、写真お通り、大変すばらしい景色でございまして、

ゲストを連れてだとなかなかこういう風景に出会えないのですが、

ここをよく知るガイド仲間と行く「下見」っていう時はこういう景色に良く出会うもんなんでございます(笑)

 

本当に、綺麗でした(くどいようですみません)

ここに暮らすガイド達が大喜びなわけです。

こんな風景をいろいろな人に見てもらいたいねとなりました。

 

どういう形がいいのか、今後進めて行ければなと思っております。

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 21:32 | comments(0) | -
新天地で

はじめて彼に出会ったのが2000年だった。

それからユーコンでガイド経験を積んで戻ってきた一つ上の彼と、よく藻琴山に行ってテレマークスキーを楽しんだ。

飲んで食ってよくしゃべった。

 

「俺ももっといろんな土地でガイド経験してみたかったなぁ」

とある日の山での会話。

「そうだね。でもそういう経験をしてきた俺にとっては、同じ土地でじっくり暮らしを積み重ねてきたガイドというのに憧れるよ」と言ってくれたことを昨日のことのように思い出す。

 

ガイドって何だろう。

彼とよく話した内容だ。

最後には酔っぱらってよくわからない話になり、結論は出ない。

でも、彼の人生観が好きだった。

 

僕は人の気持ちに寄り添うガイドが好きだ。

自然の知識、技術はもちろん必要なことかもしれない。

でも、いいガイドの要素の上位には来ない。

 

安全を第一に考えた行動をとれるか。

そして、またその人と話したり同じ時間を共有したいと思ってもらえるか。

いいガイドとはそういうことだろう。と思う。

 

彼はいいガイドだった。

自分の生き方に正直で、臆病で、人生の理想を持っていて、家族を大事にして、好きな場所で好きな仲間と楽しく暮らす人柄がある。ガイドとして同じ目線で話ができる数少ない仲間の一人だった。

 

昨年、実家のある岩手に戻ることに決めたと聞いたときは、ショックだった。

奥さんの洋菓子と彼が入れる珈琲を地元岩手で出店することに決めたのだ。

40代半ばの大きな決断だったと思う。

 

店の名前はgusco。

盛岡のグスコで調べてみてください。

ツッチーのブログを読んで、来てみたよと伝えてください。

200円引きにはならないと思いますが(笑)、彼らの素朴な人柄が、少しにじみ出てくれることと思います。

 

少し距離は離れるけど、遊びに行きます。

なんか面白いことやりましょう。

 

これからもよろしくね!!

 

 

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com

 

| ガイドの日々 | 21:09 | comments(0) | -
愛車

12月中旬。

「バン!!」という音とともに走行不能となった我がハイエース。

ピーという異常を知らせる音が鳴り響く中、惰性で動いていた車が静かに止まった。

いつもお願いしている自動車整備工場まで200m地点のところで。

よくできた、空気の読める車というべきなのだろう。

5分後にはレッカーが、20分後には代車を借りて事なきを得た。

 

翌日。

「原因はエンジントラブル。調べてみないとわからない」とのことだった。

30万劼鯀りぬいてきた8バン(8人乗りのハイエースバンなので)。

しかし、世界のTOYOTA、働く車ハイエース。

まだまだ長い付き合いになるはずだった…。

 

後日

「タイミングベルトが切れていた。摩耗で切れたのか、原因調査中」とのこと。

春にタイミングベルトを交換したものの、そろそろ限界だったのだろうか。

ひとつの目標距離数が30万kmだったので、しょうがないか。

エンジンを積み替えるには30万円くらいかかるかもとのことだったので、買い替えを検討するほかないのかな。

 

後日

「特にベルトが切れた要因が見つからない。ベルトは春に変えている。はっきりとは言えないが、可能性としてはベルト交換時に整備側のミスがあったかもしれない」とのこと。

リビルドのエンジンを探し、無償で交換してくれるとのこと。

そっちのミスなんだからそんなのあたりまえ!と言ってしまえばそれまでなのだが、正直に説明してくれて、対応してくれたことには感謝しています。

 

そしてやっと、愛車8バンが戻ってまいりました。

エンジン音も以前のものに比べると良好な感じで、不幸中の幸いで良かったです。

まだまだこの車で走り続けることができて、何よりうれしいです。

あとは、ボディ、足回りのメンテが重要。

なるべく長く付き合えるように頑張ります。

 

それにしても、ハイシーズンじゃなくて良かった。

空気の読める車じゃ!(笑)

 

 

 

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com

 

 

| ガイドの日々 | 23:01 | comments(0) | -
下見

数日後に控えた藻琴山ツアーの下見。

前日にまとまった降雪があり、ガラッと変わったであろうフィールドを確認しに行くも、爆風…。

行くか行かぬか。

あがってきた道道も福田真理(ミスタイプ)もとい吹き溜まりがひどくて思案。

でも明るくなってきたし、今日しか確認できるタイムんぐないし…。

ふんわりさらっさらの雪が膝上まで。

ラッセル。

でも、雪が積もった真っ白な藻琴山が嬉しくて、苦にならず。

数日たって、雪が落ち着いてくれるといいのだけど。

 

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 21:23 | comments(0) | -
最終調整

いよいよ明日よりイベントが始まります。

 

本日は最終調整日ということで、細かいところを作り上げていきます。

灯り、ろうそくなど、光の部分に注目が行くのは当然ですが、看板、流木、デザイン、配置など細かいところにも気を配っているつもりです。

至らない点も多いかと思いますが、いろいろ楽しんでいただけると嬉しいです。

 

では明日、会場で〜(^^)

 

 

 

 

 

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 22:38 | comments(0) | -
みんなでやれば!

灯の森のメインコンテンツ。

「雪柱の灯」

 

毎年エコツー部会の皆さまにお手伝いいただき、おおよそ70本の雪柱が設置されます。

ワイワイと楽しいテンションであっという間の2時間で、美しい完成度の高い雪柱ができました。

 

どうもありがとうございました。

 

あと2日。

がんばります。

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 21:32 | comments(0) | -
守人

今日は灯の森の「守人」(飛び入り助っ人)が来てくれた。

ありがたい。

まちあかりの作成を手伝ってもらって、今年もかわいいまちが出来上がった。

 

 

もう一つ。
しずくちゃん。
今年は20個、毎日点灯予定です。
クリアな氷、白濁した氷、筋の入った氷など、個性があって面白い。
3年目。いろいろな気づきもあって、面白いのです。
あと3日。
がんばります。
【そもくや】http://www.somokuya.com
| ガイドの日々 | 19:43 | comments(0) | -
準備開始!

いよいよ本格的に灯の森の準備が始まりました。

雪が少ない少ないと、嘆き節の投稿が多かったわけですが、今日やっとまとまった降雪がありました。

神様!ありがとうございます。

何とか間に合いました。

雪を集めて作業作業。

色々設置し、日に日に会場が整っていきます。

 

1月25日〜2月23日

たくさんのみなさんに喜んでいただけるよう、がんばります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com

 

 

| ガイドの日々 | 21:31 | comments(0) | -
寒いとワクワク!

連日の晴天。

雪が少ないのは困りますが、どこに行っても景色は最高です。

アカゲラさんも気持ちよさそう。

 

今朝の気温は-16℃ほど。

それなりに気温が下がっています。

寒ければ寒いほど、ワクワクが止まりません!!

屈斜路湖の結氷が進んでいます。

 

夕方には屈斜路湖がヒュンヒュン鳴きます。

家にいても聞こえますので、じっとしていられません(笑)

 

雄大な風景、夕景、氷の音を聞きながら、いい時間を過ごすのです。

明日はどうなるか…。

 

ワクワクの日々です。

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com
| ガイドの日々 | 19:25 | comments(0) | -
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT