今日のおわりに〜被災地memo9

最後の物資を今回お世話になった被災者に手渡す。
半倒壊の家の前の空き地でラーメン屋台を始めたご主人。
子どもたちに囲まれて楽しそうだ。いや精一杯明るく振る舞っているのだろう。
最後にご主人が張りのある声で言った。

僕たちのためにありがとう。これからも被災地をよろしくお願いします。

堅い握手を交わし再来を誓った。


これから北海道に戻ります。






今日のおわりに〜夫が不在の間、子どもたちは本当によくがんばってくれました。
毎日目覚めとともに、「あと何回寝たら帰ってくる?」という会話をしました。

今朝は、「明日帰ってくるよ」と言いましたが、どこかピンとこないようで、「あと1回寝たら帰ってくるよ」というと、「あといっかい〜?!!!」と大盛り上がりでした。

明日はきっと朝から、「今日だよ!今日帰ってくるんだよ〜!!」と小躍りして帰りを待つことでしょう。


子どもたちが待っています。
道内陸路も気をつけて、早く笑顔を見せてください。

それでは、また明日。おやすみなさい。

| 被災地memo | 23:58 | comments(2) | trackbacks(0)
今日のおわりに〜被災地memo8


稲作農家の友人宅で種まきのお手伝いをしました
近所のおじいちゃんたちも来て賑やかな作業でした

この種は農家さんが手間と時間をかけて育て、少し先の未来においしいお米となりなす

災害復興も多くの手間と膨大な時間がかかるかもしれません。しかし、一つ一つ、季節と共にみんなで力を合わせ進んでいけば、必ず素晴らしい未来が待っていると思います

明日、こちらを離れます
まだまだ大変な思いをされている方々の力になりたい。
今自分にできること。これからどんなお手伝いができるのか・・・ステキな未来をイメージして考え行動したいとおもいます







今日のおわりに〜きょう、屈斜路湖から釧路川に流れ出す氷を見ました。大きな塊で冬の間留まっていた場所を離れ、橋のたもとにぶつかり、壊れ、流れに乗って行きます。
子どもたちは、大興奮で、あっちだ!こっちだ!と飽きもせず、長時間にわたり見ていました。

きょう、流れ星を見ました。お風呂から上がり、車に乗り込むとき、輝く星がずいぶんゆっくりと東の空に落ちて行きました。

自然が魅せる現象は、いつだって美しい。そう思います。

自然の現象に泣かされても、そのつらい思いを受け止めてくれるのも自然であるから、
私たちはこれからもこの自然環境を守らなければいけないのだ。そう、思います。


星に願い。みんなに笑顔を。 

おやすみなさい。

| 被災地memo | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
今日のおわりに〜被災地memo7

小学生のなっちゃんが遊んでいます
学校はまだ始まっていません
通っていた学校は再開のめどが立たず別の学校に通うことになるそうです

今日は暖かく、桜が咲きウグイスが鳴き始めました

例年に比べるとちょっと遅いと地元のおじいちゃんがいいます

なっちゃん、今年の春はちょっと遅いみたい
でもすぐそばまでやってきてるから大丈夫だよ







今日のおわりに〜今日は息子の小学校の授業参観がありました。地域の方のお葬式と重なり、お手伝いが終わってから急行しましたが、なんとか授業の最後だけ少し、見ることができました。
複式学級と言うことで、先生は2パターンの授業を同時進行していきます。
子どもたちは1年生と2年生が背中合わせに座り、それぞれの課題をこなしている様子。
だから、1年生の親は、2年生の斜め前に座り、2年生の親は1年生の斜め前に座る、という形がおもしろく、保育園に一緒に通っていた2年生3人が漢字を書いていることに感動したり。

その後の懇談会では、「渉介くんは音楽の時間に「この歌知ってる!」と言っていろいろ歌ってくれましたよ。歌が好きなんですね」と言われて、びっくり!!

息子が人前で歌を歌うなんて・・・

親の想像を超えた成長を、日々しているようです。

学校という環境が与える影響は子どもたちにはとてつもなく大きく、そして大切なんですね。


すべての子どもに、上質な授業が受けられる環境が早く整いますように。

明日も元気で!おやすみなさい。

| 被災地memo | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0)
今日のおわりに〜被災地memo6

度重なる余震が続いている
震度4程度の揺れは当たり前であまり慌てなくなってしまった

今日はここを拠点に活動するボランティアさんたちと合流。唐桑の海辺に暮らす漁師さんの敷地周辺の片付けお手伝いをした。

電気も水道もライフラインが断たれ、山からホースをつなぎ沢水を利用し薪で調理している

何を作っているのか尋ねると、女の子はマーマレードジャムですと鍋をかきまわしながら答えてくれた

ここはこんなに波立つところじゃなかったんですよ
対岸の家が水面に映るくらいいつも穏やかでね
地盤が下がり林が崩れ民家が倒壊した影響でしょう
と話してくれた

まだまだ復興が始まらない場所は多いと聞く

ここ唐桑も同様で、まず重機とオペレーターで大きなガレキの撤退が必要だ。その後細かな作業として多くの人の手が求められるだろう

被災地によって作業の進行状況は違いニーズもちがう
現場のボランティアは少しでもお役に立ちたいと頭を悩ませ懸命に活動している
誰もが一日も早い復興を願っている




宮城県唐桑半島で活動を共にした仲間たち
・霧多布湿原トラスト
・くりこま高原自然学校
・NPO法人Good



今日のおわりに〜ここ最近の地震の多さには本当に参ります。こちらは、それほど大きく揺れることもなく、回数も少ないですが、テレビの情報を見ているだけで、精神的に追い詰められていくような気がしてしまいます。
実際に揺れを感じている方は、「慣れる」ことで自分を守っているのでしょう。

年に数回、震度3くらいの揺れで「地震だ!!」と身体に力をいれる。
そんな日常に早く戻れることを願います。

明日も元気でいてください。おやすみなさい。


| 被災地memo | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
今日の始まりに〜被災地memo5

見て!花が咲いたのよ

津波にのまれた花壇には可憐なクロッカスが何事もなかったかのようにお日様を浴びていた

水を手渡ししたご夫婦も花のように上を向いて笑っていた





今日のはじまりに〜昨夜はつっちーからの報告メールが私が布団に入ってから届いたので、
今、アップします。

今朝は、外が一面真っ白になっていました。
わが家のクロッカスも咲き始めましたが、今朝はギュッと閉じています。

まだ少しの間は、冬と春が一進一退。
でもいつか、完全なる春がやってきます。
そのときまで、もう少し・・・

今日も元気で!


| 被災地memo | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0)
今日のおわりに〜被災地memo4

被災者のお宅の泥出しと水に浸かって使えない家財道具を臨時のゴミ集積場に運搬するお手伝い

明日で震災から1ヶ月

少しずつだけど被災地は確実に変化している

春の日差しのように、強く明るく、温かく







今日のおわりに〜わが家裏の広場の雪もほとんどがなくなりました。
今年は、雪解け水が流れてくることもなく、穏かな雪どけです。

屈斜路湖の氷も日に日に色をなくしていき、たぶんあれはもうシャーベット状になっているのではないかと思います。
いつもなら、強風に氷が割れて、釧路川を素敵な音色と共に流れていくのに・・・

それもありません。

「いつもどおり」に季節の変わり目を迎えられない今年です。

明日も元気で!おやすみなさい。 

| 被災地memo | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)
今日のおわりに〜被災地memo3

 断水中の避難所へ飲料水を届けました
みんなで水リレー
軽トラに積んであったたくさんの袋は多くの人の手から手へ渡りあっという間になくなりました

おじさんと少しお話できました
これから僕たちにできる必要なお手伝いはありますか?

さあ わかりません
何から手を付けてよいやら・・・
しかし釧路からきた事を話すと厚岸のカキの赤ちゃんはここの海から送られているんだよ
今後食べに来なさい

と笑顔で話してくれた




今日のおわりに〜厚岸のカキも大きな被害を受けましたよね。
これからどうしたらいいか・・・
今、どうしたらいいか・・・
まだ、一筋の光も見えてきていない方が大勢いるのでしょう。
本当に苦しいです。

笑顔でつっちーに話をしてくれたおじさん、ありがとう。
必ず、厚岸のカキのふるさとへ行きます。

元気でいてください。おやすみなさい。

| 被災地memo | 23:28 | comments(2) | trackbacks(0)
今日のおわりに〜被災地memo2

 夜中の激しい地震
震度6弱
今なお続く強い余震に怯えながらの生活

津波の被害にあわれた家族に会う
北海道からの救援物資とみんなの気持ちを手渡しする何度もお礼を言われた

津波にのまれた場所へ
言葉にならない
遠くの風景をただただ見つめる
気が遠くなる光景
いつになったら・・・

だが、僕たちは生きているゆっくりでも少しずつでも前に進むしかない

朝は必ずやってくるのだから



今日のおわりに〜昨夜の地震には、正直泣いてしまいそうになりました。
小さな揺れがしばらく続いて、ぐわんと大きな揺れになった時、
ふたりの子供を私ひとりで守ることができるのか、不安になりました。
同時に、宮城県にいる夫を想い、被災地のみなさんのことを想いました。
もうこれ以上、つらい思いはして欲しくない。

明日も元気でいてください。おやすみなさい。

| 被災地memo | 23:48 | comments(4) | trackbacks(0)
今日のおわりに〜被災地memo

10時青森港着
東北自動車道を南下して一関  気仙沼 を経由して唐桑半島で一度仲間と合流
荷物を渡し我々は大崎へ
少し通過した海沿いの鹿折あたりはテレビで繰り返しみていたさんたんたる状態
灰色の雲が夕日を飲みこんでゆく
明日から天気は下り坂のようだ

 



花泉のローソンには空っぽの棚が目立ったよ

明日は友人のお姉ちゃんの引越しの手伝い予定

 

今日のおわりに〜つっちーからの今日の報告を載せることにしました。
本当は載せるのがいいか、迷ったんだけど。

いま、地震がありました。だいじょうぶですか。
こちらも揺れました。でも、子どもたちはぐっすりと眠ってくれています。

明日も元気で!!おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

| 被災地memo | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0)
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT