<< らしくなってきた | main | 初スキー >>
百歳
明治22年 大日本帝国憲法発布
明治27年 日清戦争
明治37年 日露戦争
明治42年6月に太宰治が生まれ、
明治42年12月20日 僕のばあちゃんが生まれた。

その後、ばあちゃんはじいちゃんと出会い、親父が生まれ、母さんと結婚し、僕が生まれ、春恵と結婚し、しょうすけとはなえが生まれた。
そして今日、ばあちゃんは100歳になった。
大変な時代を生き抜いてきたばあちゃんは豪快な人で、思い出話はとても面白い。
家にいたころはよく聞かされたものだ。

長いこと病院生活のばあちゃん。
小さな部屋を借りて両親と妹家族でささやかな誕生会が行われた。

酒の入った親父から、さきほど電話がかかってきて、
「ばあちゃんうれしそうだったよ」と上機嫌だった。

顔見せられなくてごめんね。
おめでとう。
益々お元気で。
道東に暮らす孫より。
| 特別な日 | 21:32 | comments(5) | trackbacks(0)
コメント
たまちゃん

おはよう。
この前は再会うれしかったです。
それもター君のめでたい日に!

ばあちゃんの話
牛に追っかけられて町内1周伝説。
真夜中に朝里峠を越えて帰宅列伝。
…などなど武勇伝は数え切れません。

ぜひ孫の顔を見せに行ってあげてください。

道東にも遊びに来てね☆
| ゆーちゃん | 2010/01/17 8:16 AM |
ここめっけちゃった。いとこのたまちゃんです。こないだは会えてうれしかったよ。最近ばーちゃんの偉大さに改めて気付かされます。ばーちゃんとじーちゃんのカップルから私も、ゆーちゃんもおじさんも、おばさんも、おかあさんもみっちも、あやこちゃんも、しょうすけくんも、ゆのんちゃんも、書ききれないくらいの人が、増えているんだね。幸せをもらってるんだ。
それに明治42年は西暦1909年、この百年は、どれだけの変化のある時代を体験してたのだろう。想像に及ばないほどだろうな。1900年初頭はゴッホもクリムトも活躍した時代。
私が聞いたばーちゃんの話、『泥棒が入ったら、とられた物を持たせなさい』と教えられた。ばあちゃんが実際にあったことらしい。『聞いたときは、なんでそんなこと言うの』と驚いたけど、今はわかるよ。それほどに人のこと大切にしていたこと、弱い人の気持ちも理解してたということ。長生きするだけあって徳が高い。
私たちの愛するグレートドマザー。 近いうちに会いに行ってくるよ。
| tamami | 2010/01/16 11:50 PM |
いつもコメントありがとうございます。

やっと雪が積もりましたね。
息子にとっては待望のスキーが出来、うれしい積雪となりました。
こんななにげない一日を大切に楽しく生きたいと思います。

これからもよろしくお願いします。
| そもくや:つっちー | 2009/12/23 9:26 PM |
コンバンハ*

いつもながら淡々とと語っているようで
すごく詩のように心に沁みてきて
私も93歳まで生きた祖父母の内孫でしたのでウルウルしました(私は豚汁かも・笑)
明治女の気丈な祖母に育てられたせいか
変なところが古臭い考えで息子に疎まれつつも
血をしっかり受け継いでおります(苦笑)
今日はやっと雪が積もり、あっと言う間の雪道。
でも何故か雪が降りホッとしています。
| きゃらめる* | 2009/12/21 7:45 PM |
そもくやファミリーの温かくたくましいルーツに、素敵なばあちゃんの存在があったとは。ゆうやさんの気持ち(ことば)、きっと届いていますよ。
ブログを読み、不覚にも、泣いてしまった、俺。
(注意:目からこぼれたのは涙であって豚汁ではない)

| 幸一郎 | 2009/12/21 7:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.somokuya.com/trackback/1436870
トラックバック
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT