<< 野生動物のキモチ | main | 新しい日常 >>
ダグ ありがとな

ノストラダムスが地球滅亡を予言したあの夏、小さな小さなお前が、オレたちのもとにやってきてから11年と5ヶ月と27日。
楽しかったよな。
抱えきれないほどの幸せをもらったよ。
そんな日が、もっと続くと思っていた。

今日、お前の穏かな呼吸、弱まる心臓の音を両手で感じながら、お前は、お前は、静かに逝った。

溢れ出す涙が止まらない。
お前の旅立ちに付き添えたこと、心の底から感謝している。

ありがとう!
ダグ

最後に走れなかった分、そっちの仲間達と元気に走り回るんだぞ。
あまり吠えるな。
新入りなんだからな。

ありがとう。
ありがとう。
達者でな・・・。



オレたちの人生にお前がいてくれて良かった。
お前もそう思ってくれるかい?



| 特別な日 | 19:23 | comments(7) | trackbacks(0)
コメント
遊びに行った時の車を降りる瞬間など、飛びつかれるんじゃないかって、いつもビビッてました…
けど、もうそのビビリも無くなってしまうかと思うと。
やっぱり寂しいですね。
雪が無くなった頃にでも、遊びに行きますね。
| new well | 2011/02/06 11:37 PM |
一緒に暮した命との別れ、悲しいです。
我が家でもケビンが旅立って二ヵ月半が経ちます。
最期の時、心音と呼吸が静かに消えてゆく瞬間は、悲しみと同時に、なんだかとても厳かで…尊い瞬間に感じました。
犬の魂は天に上ると虹の橋のたもとに行って、そこでは、痛みや苦しみからすべて解放されて仲間たちと楽しく過ごすと聞きます。
ダグとケビン、今頃は再会を果たして一緒に走りまわっているかな?
| Kevipa | 2011/02/02 11:44 PM |
写真のダグの涙目みて、ちゃんとお別れしたことがわかりました。
悲しいです。
僕も、一緒に連れて行ったエイミー(犬)も、はじめから吠えられなかったように記憶しています。
銀色のボールをくわえて、食べるもんくれ〜とじゃれてくるタグが愛らしかったです。
しばらく、ずっと、涙が止まらんだろうな…。
しっかり!
| 幸一郎 | 2011/02/02 9:50 PM |
この夏、焼き芋をする横で走り回るダグに、1歳の息子はくぎづけ。大自然の中で伸び伸びと走り、子供たちと優しいお二人の愛を受け、地球上で一番幸せなわんちゃんじゃないかな〜と思ったくらいです。
家族の一員が先に旅立っていくのは、とってもさびしいことですよね。二人のおちびちゃんにとっても、かなりのショックだと思います。どうか家族みんなで乗り越えられますように…。心の中のダグがお子さんたちをこれからも支えてくれることでしょうね。私たちの心の中でもダグちゃんが元気に走り回っています。
| miho(女満別) | 2011/02/02 3:19 PM |
急なコメおゆるしください。
昨年カヌーツアーの時にダグに遊んでもらったのを思い出して・・・。思わずコメしました。
自然を愛し、天真爛漫な人生(犬生ですね)を謳歌しているダグの様子に「なんて幸せなワンコなんだ」と心の底から思っていました。
家族が減ってしまうのは、途方もなく悲しいことですが、みんなに見送られて逝ったダグはきっとありがとうの気持ちでいっぱいだったのではないでしょうか。
うちにもムサシというぴょんすけ(うさぎ)がいますが、あらためて共に過ごす時間を大事にしようと思います。
一期一会でしたが、ありがとう。ダグ。
| さとし→紋別 | 2011/02/01 11:19 PM |
ライダーと遊びに行っても、マメと遊びに行っても吠えまくられたな〜
俺はかつての愛犬の最後を看取ってやれなかったから、ダグは幸せだ。
愛するものの死を通して、子供達よ、強くなれ!
| ウッカ! | 2011/02/01 6:21 PM |
ダグもきっと、このお家でこの家族と暮らせた事良かったと思ってるに違いないと思います。私の実家の犬も昨年亡くなって思い出がありすぎてとても辛かった事ブログ読んでいて思い出しました。いや〜私も涙が出てきてしょうがないです。犬は家族を選べないのでマメもこの家で良かったなと思ってくれるよう可愛がってやらなきゃと思いました。
| ウッカ さとみ | 2011/02/01 3:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.somokuya.com/trackback/1587798
トラックバック
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT