<< 緊急事態 | main | それぞれが、できる事 >>
9月6日による地震
9月6日の早朝による地震で北海道全域が大規模な停電に陥りました。

こちらはそれほど大きな揺れではありませんでしたが、電気や水道などが使用できない状態でした。信号機も点灯せず緊張した空気が流れていました。

「この先どうなるのか…」
不安を抱きながらも、起こす行動一つ一つを慎重に判断しなくてはなりませんでした。

一部のキャリアでは電波が入らず、情報が得られないことも。その中で感じたことは日々便利になっていく物とその裏にある実はとても脆い部分。こんなときに活躍するのは意外と昔の物だったり。もしものときに備えるべきものが明確になりました。

水が出なくても豊富な湧き水があるお陰で命拾いしました。豊かな自然がなければ大変だったことでしょう。自然に生かされている、そんな気がしました。

こちらは昨晩電気が戻り水も使えるようになりました。復旧作業にご尽力いただいた方々には本当に感謝します。また、今回の地震で大きな被害に遭われた方々に心よりご冥福をお祈りします。今もなお捜索活動が続いておりますが、これ以上の犠牲が出ないことを祈るばかりです。

| ガイドの日々(ジュンキ編) | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.somokuya.com/trackback/1588928
トラックバック
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT