<< レイクツアー | main | 長いお付き合い >>
おすすめ

早朝は10℃以下のことも珍しくなくなってきた屈斜路湖。

ここから一気に紅葉が進むのでしょうか。

 

夏の名残がまだ感じられるこの時期ならではの光景があります。

 

それが「けあらし(毛嵐)」と呼ばれる現象です。

水温と外気温の差があるほどハッキリと見られます。

気温がグッと下がる早朝に出現し、太陽が昇るにつれて静かに消えていってしまいます。

 

そんな自然が見せる一瞬の絶景がこの時期に見ることができます。

毛嵐と朝日が見せる幻想的な空間をカヌーで進んでいく特別な川下りが楽しめます。

 

朝日と毛嵐、木漏れ日の見事なコラボレーション。感動的でした。

 

 

 

 

| ガイドの日々(ジュンキ編) | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.somokuya.com/trackback/1588935
トラックバック
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT