<< 素朴な疑問 | main | 続々と >>
BCクロカン
最近はフィールドワークといえばほとんど道具はBCクロカンを使っています。



その機動性は圧倒的で昔の人はすごいものを作ったな〜と常々関心してしまうのです。最近のモデルだとブーツと板の脱着がとても容易で効率的、深雪での浮力、登ることも滑ることもできる。すでに完成された道具など世には少ないものですが、スキーには唯一無二のスタイルを感じます。


そんな今日もフィールドワークでBCクロカンを使用。平坦なところもスイスイ〜と快適です。

僕の中でスキーといえば何故か針葉樹を思い出します。スキーと針葉樹の組み合わせってなぜでしょう、とてもいい感じ。北欧のような雰囲気というのでしょうかね… 静かな森を軽快に歩く、たまに止まって静寂に耽る。それだけでとても気持ちが良いのです。たまに鹿などの動物が出てくると狩猟にも使われていたスキーですからそんな雰囲気も楽しめます。


硫黄山を眺めながら小休止。傍にあるスキーの相棒感がたまりません(笑)

道具としての魅力に気づき始めている最近です。

| ガイドの日々(ジュンキ編) | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.somokuya.com/trackback/1589063
トラックバック
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT