<< 続々と | main | 約束 >>
北の大地

今日は裏摩周をフィールドワーク。

最近距離感を縮めつつあるBCクロカンで裏摩周展望台を目指しました。

 

初めての場所はいつもワクワクします。

今日は天候には恵まれませんでしたが、地形や植生などを見ながら歩きます。

雪上だと動物の足跡も残り、姿が見えなくてもその存在が確認できます。

 

ウサギの足跡

 

キツネの足跡発見

 

テンの足跡発見

 

・・・

 

!!!

 

ヒグマ… の足跡… 発見…

 

はじめスノーシューの跡かと思いましたが爪の線がはっきり確認できるのでヒグマさんです。雪質も締まっていてとても硬いのにこの足跡の深さ… かなりの大物のよう…斜面を登る感じがまたお元気そうな…

 

とりあえず周囲を見返し、手を叩き、指笛を鳴らし、大声を出し自分の存在をアピールしました。

 

2日前は10℃近くまで気温が上がり4月下旬の陽気と言われていた北海道。それだけ暖かかったら目を覚ましてしまうのも頷けます。

 

この後なんとか展望台まで到達。下山時はあまりスピードを出さないようにしながら(速いものを追っかける習性)最新の警戒態勢のもと無事スタート地点まで戻ることができました。

 

ここは自然豊かな北海道の道東エリア。豊かだからこそたくさんの動物たちが生息しています。彼らの敷地に足を踏み入れさせていただいている。大切なことを改めて実感するフィールドワークになりました。

 

 

| ガイドの日々(ジュンキ編) | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.somokuya.com/trackback/1589065
トラックバック
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT