<< 約束 | main | なごり雪・1日目を終えて >>
君に幸あれ!
娘の小学校生活が終わった。
振り返ってみればあっという間の6年間。
晴れの日も雨の日も風の日も雪の日も
緑の木々の間を紅葉の砂利道を樹氷の森を歩いてバス停まで通った日々。
卒業生はたった一人でも、彼女の周りにはいつも笑顔があった。
人一倍面倒見の良い子で、親分肌。
こうと決めたらやり抜く力強さがある。
半面実は繊細で、人間関係に悩む姿もあったりして…。
どんどん大きくなっていく娘が頼もしくもあり、自分の手から離れていく寂しさもあり。
年のせいか少し涙もろくなった自分がいて、こうして過去の写真を引っ張り出してくると目頭が熱くなる(笑)。
色々な日々が思い出され、少しだけ立ち止まって娘との時間を懐かしく思う。
いやいやまだまだ中学生!
これからまたいろいろあるよなぁ。
愉しい日々は、一区切りだけど、人間として、一人の女性として一段と飛躍するこれからの3年間が待っている。
どこか恥ずかしそうに大人たちの間を笑顔で入場した娘。
6年後の卒業式に、涙はありませんでした。
たった一人の6年生として和琴小学校を引っ張ってきた彼女らしい卒業式。
在校生による呼びかけでは、発生する一人一人の顔を優しいまなざしで見つめる娘の姿に感動しました。
(あー、また涙腺が…)

新たな歩みに胸膨らませ、希望に満ちたまなざしを見て、この学校を卒業することができて本当に良かったと思った。

学校の先生方をはじめ、地域の皆さま、彼を支えてくれたたくさんの方たちに、この場をお貸しりてお礼を言いたい。

ありがとうございました。

そして、これからまだまだ続く彼女の人生に、みなさんのご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

 

最後に、(ショウスケの時も書いたけど)

これからどんな風に成長していくのか、たのしみだぞ。

応援している。

夢や目標があるのなら、それに向かって進みなさい。

なければそれが見つかるといいね。

いろんなところに行って、いろんな人に出会って、いろんなことを経験しなさい。

たくさん失敗して、いい友達を作って、楽しい人生を送ってくれ。

いつでも相談に乗るよ。

まずは、中学校楽しんで!

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.somokuya.com/trackback/1589066
トラックバック
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT