<< 下見 | main | 新天地で >>
愛車

12月中旬。

「バン!!」という音とともに走行不能となった我がハイエース。

ピーという異常を知らせる音が鳴り響く中、惰性で動いていた車が静かに止まった。

いつもお願いしている自動車整備工場まで200m地点のところで。

よくできた、空気の読める車というべきなのだろう。

5分後にはレッカーが、20分後には代車を借りて事なきを得た。

 

翌日。

「原因はエンジントラブル。調べてみないとわからない」とのことだった。

30万劼鯀りぬいてきた8バン(8人乗りのハイエースバンなので)。

しかし、世界のTOYOTA、働く車ハイエース。

まだまだ長い付き合いになるはずだった…。

 

後日

「タイミングベルトが切れていた。摩耗で切れたのか、原因調査中」とのこと。

春にタイミングベルトを交換したものの、そろそろ限界だったのだろうか。

ひとつの目標距離数が30万kmだったので、しょうがないか。

エンジンを積み替えるには30万円くらいかかるかもとのことだったので、買い替えを検討するほかないのかな。

 

後日

「特にベルトが切れた要因が見つからない。ベルトは春に変えている。はっきりとは言えないが、可能性としてはベルト交換時に整備側のミスがあったかもしれない」とのこと。

リビルドのエンジンを探し、無償で交換してくれるとのこと。

そっちのミスなんだからそんなのあたりまえ!と言ってしまえばそれまでなのだが、正直に説明してくれて、対応してくれたことには感謝しています。

 

そしてやっと、愛車8バンが戻ってまいりました。

エンジン音も以前のものに比べると良好な感じで、不幸中の幸いで良かったです。

まだまだこの車で走り続けることができて、何よりうれしいです。

あとは、ボディ、足回りのメンテが重要。

なるべく長く付き合えるように頑張ります。

 

それにしても、ハイシーズンじゃなくて良かった。

空気の読める車じゃ!(笑)

 

 

 

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com

 

 

| ガイドの日々 | 23:01 | comments(0) | -
コメント
コメントする









最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT