<< 愛車 | main | 天国か? >>
新天地で

はじめて彼に出会ったのが2000年だった。

それからユーコンでガイド経験を積んで戻ってきた一つ上の彼と、よく藻琴山に行ってテレマークスキーを楽しんだ。

飲んで食ってよくしゃべった。

 

「俺ももっといろんな土地でガイド経験してみたかったなぁ」

とある日の山での会話。

「そうだね。でもそういう経験をしてきた俺にとっては、同じ土地でじっくり暮らしを積み重ねてきたガイドというのに憧れるよ」と言ってくれたことを昨日のことのように思い出す。

 

ガイドって何だろう。

彼とよく話した内容だ。

最後には酔っぱらってよくわからない話になり、結論は出ない。

でも、彼の人生観が好きだった。

 

僕は人の気持ちに寄り添うガイドが好きだ。

自然の知識、技術はもちろん必要なことかもしれない。

でも、いいガイドの要素の上位には来ない。

 

安全を第一に考えた行動をとれるか。

そして、またその人と話したり同じ時間を共有したいと思ってもらえるか。

いいガイドとはそういうことだろう。と思う。

 

彼はいいガイドだった。

自分の生き方に正直で、臆病で、人生の理想を持っていて、家族を大事にして、好きな場所で好きな仲間と楽しく暮らす人柄がある。ガイドとして同じ目線で話ができる数少ない仲間の一人だった。

 

昨年、実家のある岩手に戻ることに決めたと聞いたときは、ショックだった。

奥さんの洋菓子と彼が入れる珈琲を地元岩手で出店することに決めたのだ。

40代半ばの大きな決断だったと思う。

 

店の名前はgusco。

盛岡のグスコで調べてみてください。

ツッチーのブログを読んで、来てみたよと伝えてください。

200円引きにはならないと思いますが(笑)、彼らの素朴な人柄が、少しにじみ出てくれることと思います。

 

少し距離は離れるけど、遊びに行きます。

なんか面白いことやりましょう。

 

これからもよろしくね!!

 

 

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com

 

| ガイドの日々 | 21:09 | comments(0) | -
コメント
コメントする









最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT