親友

中学を卒業した息子の親友の一人が遊びに来た。

彼はこの春、弟子屈を出て札幌の方の高校へ行くことが決まった。

息子にとっても彼にとっても、特別なこの春。

学校に行けば気心知れた仲間がいて、バカなこと言って笑いあったいつもの一日が終わった。

新しい高校というステージに、希望と不安で一杯だろう。

コロナウイルスの影響で、中学最後の時間をあまり過ごすことができなかった分、

いい時間を過ごせたのではないだろうか。

 

中学1年のころからよく遊びに来てくれて、一緒にカヌーに乗った3年間。

僕にとっても思い出深い彼なのです。

新天地でも、逞しく頑張って欲しい。

 

いいコンビに育った。いつか二人で釧路川を海まで下るといい。そんなことができる二人だと思う。

何年後かな、楽しみにしている。ゴール後の迎えは僕が行きます。

 

黒いのは白鳥のう○こ。それを拾う密漁師(笑)の図。
 

ミンクがいた!と、探しに上流へ。文章で書くと簡単だが、二人の息の合ったパドリングの賜物であることは言うまでもない。

 

さぁ、二人の本当の冒険が、始まります!帰ってきたら、またカヌーに乗ろうね。

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 21:40 | comments(0) | -
おめでとう×3

今日もFIELDへ。

だんだん暖かくなってきて、雪が減ってきております。

今のうちに、行けるところへ大好きな道具を使って。

 

息子を誘って、摩周岳を目指しました。

2日前に、雪の状況、お山の様子を見れましたので、何とかBCクロカンで行けそうかなと。

朝6:00、出発!

の予定でしたが、30分遅れ。

コンビニでお昼ご飯を買って、いざスタート。

-10℃の湖は、うっすら凍っていました。

綺麗ですね、摩周湖。

 

素晴らしい青空。

済んだ空気。

濃厚接触者、ゼロ…。

 

今回初登頂となる息子もがんばってついてきました。

9:55見事、頂上へ。

初登頂、おめでとう!

 

高校の合格発表も、10:00にネットで発表とのことでしたので、山頂で確認。

こちらも無事合格でした〜。

おめでとう!!

 

いっぱい体を使って、自然に触れる。

いいことです。

 

あっ、そうそう。

15回目の誕生日、おめでとう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

| ガイドの日々 | 17:18 | comments(0) | -
4度目の正直

思い込みって、怖いですね。

僕の中で、20年前の記憶が、間違った方向に向いてました。

ゴール地点…確か左カーブのところ。

距離…ご飯食べた後、結構歩いた。

おまけに、雪が少ないとか、木が成長したとか、自分の記憶の曖昧さを正当化しようとしていたのかもしれない。

 

ゴール地点が確定した。

すべての道が開けた。

見覚えのある斜面。

登って見えた丘の景色…。

 

ビンゴでした!

来シーズンは、ゲストを連れて行けるかしら。

ガイドとして経験を積んで見たこの森は、とっても魅力的でした。

巨木あり、キノコあり、針広混交林あり、適度な斜面多数あり、ルート変化に富んでいる。

うーん、バリエーションルートをしっかり網羅して、コース化していきたいなぁ。

 

ひとまず区切り。

あー、これで今シーズンはスッキリです!

ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました!!

 

巨大なカバノアナタケ

 

フクロウがいそうな洞

 

洞の中

 

見覚えのある丘

 

ウロコ万歳!

| ガイドの日々 | 16:28 | comments(0) | -
成長

たっぷりとある時間をどう過ごすのか。

中学を卒業した息子。

コロナで仕事がない親父。

 

今日は山へ付き合ってもらいました。

ガッチガチのアイスバーンであちゃーって感じ。

でも後ろからしっかり状況を見極めて、自分なりに判断して果敢に攻めてくるあたり、スキーに対する自信と道具との信頼関係、自分のスキルの見極めが出来てきたように見えました。

継続は力なりですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に子は巣立ち、親元を離れるのだろう。

親離れはすんなりいくだろうが、子離れは上手くいくだろうか…。

 

どんどん成長する子どもを見ていると、まだ先のことがすぐ先に感じるから不思議だ。

 

弟子屈町にいるうちに、一緒に暮らしている間に、僕がしてやれることはなんだろう。

そんなことを最近よく考える。

生まれ育った故郷の自然、風景、空気感、匂い…、feel。

 

感じることは、考えるのと同じく大事なこと。

何をしたっていいんだけれど、僕が選んだこの土地の自然、僕の仕事につながる部分を少し感じてくれたらうれしいなと思う。

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

| ガイドの日々 | 21:25 | comments(0) | -
いい場所

22年前にたくさんのゲストをお連れしたルートを思い出したくて、3回目のトライ。今日は、かつてこの森で僕の数年後にたくさんのゲストをお連れした頼もしい助っ人とともに。僕よりも、色んなことを覚えているんだけど、やっぱり当時と同じコースをたどるのは難しかった。積雪量が当時に比べ圧倒的に少ないし、幼木が中木くらいになってるし、お互いの記憶力が低下しているし…(;^_^A。残念。でも、色んな事思い出して、懐かしい話して、カッチカチの雪に恐れおののいて、あっちじゃないかこっちじゃないかと奔走して、小川を飛び越え、スキーを外して急坂を歩く。小高い丘で手作りシフォンケーキで一服したら、あとはそこから始まる気持ちの良い斜面を滑るだけ。シンプルに楽しい。当時と同じようにはいかないけれど、いい場所であることに変わりなし。

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com
| - | 18:03 | comments(0) | -
輝ける日々

2020年3月13日。

息子が中学校を卒業した。

コロナウイルスの関係で、3月より学校は閉鎖。

卒業に向け、いろいろ楽しいこと、ワクワクすること、たっくさんある時期なのに、それができない、させてやれないもどかしさを感じつつ、頭では理解しているものの、心のどこかで可愛そうだなと思ってしまう。

しかし、そんなことは子どもたちにとって関係ないのかもしれない。

まぎれもなく同じ教室で同じ空気を吸って同じ時間を共にしたかけがえのない3年間はどこにも消えない。

たまたまいつもの卒業式ができなかっただけだ。

忘れられない最後で最高の一日。

みな、いい顔してた。

今日はそれぞれの道を歩む節目として、また次のステップで頑張ってもらいたい。

離れてしまう子もいるけれど、またいつか会えば中学の匂いがすぐに蘇り、あっという間に打ち解けあうのだ。

それが輝ける日々を過ごした同士なのだと思う。

 

ショウスケ、卒業おめでとう!

小学校の卒業式はたった一人だった君が、たくさんの仲間と楽しそうにいる姿に、やはり感動した。

脳のストップ機能が弱まっている親父は、涙腺を抑えるのに必死でした。

友達を大切に、そして中学での経験、仲間と過ごしたかけがえのない日々を大切に、高校生活を頑張って欲しい。

目標に向かって努力することがどんなに素敵で楽しいことか。

そんな風に思って、自分の将来に向かって、何でもいいから一生懸命、真剣に、感謝の気持ちとユーモアを忘れずに、まっすぐに、寄り道してもいいけど、自分らしく、素晴らしい時間を経てほしいなと思う。

楽しみにしています!

 

 

そして、今日は娘の誕生日。

すっかり大人の女性になりました。

親父を見る目が怖い時もあるけれど(笑)、あまり嫌わないでください(笑)。

はな、おめでとう。

早く学校に行って、友達と過ごせるようになりますように!

素敵な一年を過ごしてね〜。

 

 

今日はクロカン付き合ってくれてありがとう。

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

| ガイドの日々 | 18:22 | comments(0) | -
いつもの風景

非日常の暮らしが続く現在。

たくさんの方が、それぞれの不安や悩みを抱えているのではないだろうか。

いつまで…どうしたら…

先が見えない恐ろしさを感じます。

 

しかし、朝が来て夜が来る。

寝て起きて食べて飲んで。

いつもと変わらない活動もちゃんとある。

 

外に出て、太陽の光を浴びて、それぞれのいつもの風景を確かめる。

 

今はじっと我慢。

貯えて、落ち着いたら伸びるように。

見えない先をイメージして。

 

白鳥の親子
 

カワガラス
 

昔の橋げた
 

融水

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 12:19 | comments(0) | -

明日は雨予報。

しかも大雨。

冬が終わる前に森の中をウロウロ。

フクロウが好みそうなうろを発見。

また見に行ってみよう。

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 20:04 | comments(0) | -
コロナ対策

新型コロナウイルスの拡大が止まりません。

卒業式を控えた息子。学期末、新学期…。

重要なこの時期に、どこにも行けず、友達にも会えず、何もできないのはかわいそうですね。

日本中の子どもたちみな同じですが…。

 

仕方がないこの状況。

じゃぁ、何する?

ってことで、せっかくなんでいろいろ普段できないこと、やってます。

 

息子撮影1

 

息子撮影2

 

息子撮影3
 

近所の野郎どもを誘ってソリ大会
 

モモンガに会いに薄暮の自然を歩く
 

満月
 

モモンガには会えなかったが、クンネレクカムイに会えました!

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| ガイドの日々 | 22:49 | comments(0) | -
ウロコ最高

東京からNORDというスキーショップの方が遊びに来てくれた。

社長さんが小樽出身ということもあり、仲良くさせていただいている。

去年は摩周湖を見に行くコースに行ったので、今年は屈斜路湖へ。

大雪の後の、最高に素晴らしいコンディションの中、自称「日本の北欧」を堪能していただいた。

 

山の上で

「やっぱウロコ最高だよね!」

と再確認。

※ウロコとは、スキーのソール部分に彫られた溝のこと。この溝があることで、多少の傾斜を登ることができる。もちろん滑りもので、雪上を移動する道具としてはとても優秀である。

 

ウロコ、広めていきましょう。

 

 

 

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com
| ガイドの日々 | 19:15 | comments(0) | -
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT