寒くなってきました!
ここ数日、早朝はマイナスまで気温が下がり冷え込んでいます。寒暖差で残す紅葉もグッと進みそうですね。


日中との気温差が激しくなっておりますのでお越しの際は(特に早朝ツアー!)暖かい服装(暖かい帽子、手袋、ネックウォーマーなど…)でお越し下さい。




| ガイドの日々(ジュンキ編) | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0)
ビギナーズラックということで
ヒメマスを釣りに屈斜路湖へ。

今回は國分氏も初参戦。屈斜路湖での釣りは初めてとのこと。夕方になると気温も下がり1時間位の短期勝負です。僕は最近ちょいちょいヒメマス釣りに出かけてますが以前の記事(10/02)から全く釣れていません…


どこが良いかな〜とポイントを探っていると…

國分氏の竿にヒット!

どうやらヒメマスではなくアメマスのようでしたがご満悦の様子。



僕は1匹(ヒメマス)バラしてしまい終了。
今回はビギナーズラックということで。笑



夕方の屈斜路湖とアメマスと戯れる國分氏




| ガイドの日々(ジュンキ編) | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0)
川から山へ
来たる冬に向けて少しずつ体力を戻そうと藻琴山に登ってきました。

屈斜路湖の北側に裾野を広げる藻琴山。カヌーツアーでも天気が良ければ湖上からハッキリとその姿を見ることができます。いつもは水の上から眺めることが多いですが今日は山の上から湖を眺めます。

冬のスノーシューツアー(バックカンソリー)やプライベートでのスキー、スノーボードでもお世話になっている山です。

登り始め山頂付近はガスがかかっていましたが、少しずつ晴れ間が見えて屈斜路湖を一望することができました。

自分の足で歩いて眺める景色はやはり最高。無心で眺めるこの時間が大好きです。

帰りは冬に備えて地形なども少し確認しながら下山して参りました。



| ガイドの日々(ジュンキ編) | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0)
地域学習
地元弟子屈高校の地域学習の一環で釧路川を下りました。

屈斜路湖、釧路川流域の自然環境について学び、カヌーや釣り体験を通じて観光地としての魅力を発見することが目的のようです。

カヌーに乗ったことある人〜?と聞くとほとんどは乗ったことが無いとのこと。やはり地元の人ほど中々乗らないものなのか…


僕たちの思いとしましても地元の人にも釧路川の素晴らしさをもっと知っていただきたいと思っていますのでこのような体験学習はとても貴重な時間だと考えています。



今回の体験を通じて自分たちの住む町に魅力を感じ、周りの人に自信を持って弟子屈という町を紹介できるようになっていただけると嬉しいです。

| ガイドの日々(ジュンキ編) | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0)
準備開始
最近、身の回りでウィンターシーズンの話題が出てくるようになりました。

ツアーの話、灯の森の話(1月下旬〜2月下旬に川湯で行われるイベント)、プライベートではどの山を滑るか、などなど…

SOMOKUYAスタッフはみんな冬が大好き。今年加入した國分君もスノーボーダー。身の回りにはスノーボーダーが少ないので今シーズンはとても楽しみです。

そんな今日はお休みを利用してスノーボードのワックスがけを行いました。北海道内早い所ですと来月11月には初滑りが出来てしまいます。どこ行こうかな〜と考えながらの作業はとても楽しい時間です。



2019・灯の森の方の準備も少しずつ始まっています。作業の様子など随時ご紹介させていただこうと思っています。
| ガイドの日々(ジュンキ編) | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0)
夜明けから
日の出も遅くなってきました。

早朝ツアーの準備中はまだあたりは暗い闇の中。
繁殖期に入った雄鹿の鳴き声が静かな空間に響き渡ります。


湖に漕ぎだす頃には屈斜路湖を囲む山々は朝焼けに染まります。


10月に入り気温も低くなってきています。お越しの際は暖かい格好でお越し下さい。
| ガイドの日々(ジュンキ編) | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0)
ヒメマス
10月に入りました。
この時期、屈斜路湖にいるヒメマスは産卵期に突入します。産卵期のヒメマスは婚姻色で体色がピンク色となりとても美しいです。

今日は夕方、ヒメマス釣りに出かけました。35cmのとても綺麗なオスが釣れました。

塩焼き、ムニエル、燻製… なにで食べても美味しい魚です。

今日はムニエルにしようかな…
貴重な命を無駄なくいただこうと思います。
| ガイドの日々(ジュンキ編) | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0)
奴がきた!!

とある朝、いつものようにカヌーツアーのサポートに向かっていると

目の前を小さな白いものがふわ〜り。

 

とっても小さいので慎重にあたりを見渡すとおりました、おりました。

こちら、通称「ゆきむし」と呼ばれている小さな虫です。

 

「ゆきむし」が飛び始めると初雪が降ると言われています。

去年撮影した写真を遡ると、10月半ばで周りの山はうっすら白くなっていました。

 

そろそろ冬タイヤのことも考えないとなぁ…

着々と雪の気配も近づく屈斜路エリアなのです。

| ガイドの日々(ジュンキ編) | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0)
カラフル

少しづつ葉が色づきはじめた屈斜路湖周辺。

北海道の標高の高いところでは紅葉のシーズンが始まってきていますね。

 

紅葉のハイシーズンももちろん良いのですが、

完全に紅葉になる前の今時期が一年で最も色彩溢れる季節かもしれません。

 

水の上に迫り出した木の下から紅葉が見られるのはカヌーならでは。

水面の光の反射が葉を照らし出します。

 

少し離れて色の変化を実感しながらゆったりした時間を楽しめます。

 

自然の魅せるこの時期だけの特別なカラフルカヌーツアー。

是非お待ちしております。

 

| ガイドの日々(ジュンキ編) | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0)
Let's Camp !!

SOMOKUYA CREWでキャンプをしてきました。

今回のキャンプ地はレイクツアーでもいつもお世話になっている和琴半島。

 

それぞれ使い慣れた道具を持ち寄り集合。

カヌーも持ってきて狙うはナイトカヌー?朝焼けカヌー?妄想がとまりません(笑)

釣竿なんかも持ってきて釣れたらどうやって食べようかな…妄想がとまりません(笑)

 

暗くなる前にテントを組み立て、火を起こす。いつも明るい家の中とは違うこと。

そして焚き火を囲み料理と会話を楽しむ。風向きが気になる瞬間です(けむたい…)。

 

その後はナイトカヌーをしてみたり…(ハリポタみたい)

 

早起きして朝焼けカヌーしたり…(釣りは釣れませんでした!)

 

最高の時間は不思議と常にあっという間ですね。

これだけ行動しているのに疲れはあまり無く、むしろ気分がリフレッシュできていて清々しい。

自然の中で過ごすナチュラルタイムの魅力を改めて感じたキャンプになりました。

 

| ガイドの日々(ジュンキ編) | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0)
最近の日記
カテゴリー
過去の日記
RECENT COMMENT